風神・シロウ ~放浪旅日記~ NO Bike NO Camp

I was THERE!! 旅の先々からリアル・タイムで更新!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


日本縦断RUN後記~食べ物/西日本編~

北海道から西日本に上陸して、急ぎ脚だったが腹は減る。どうせならと一気に出雲まで行き蕎麦を食べる。


20061004132755.jpg


器がエラいでかく店内撮影禁止というので、こっそり撮影。あまかわまで練り込んでるから麺は黒い。湯で加減、香り、喉越しと文句なし!


その後何も食べずにSIK氏と合流して、地元の福岡の筑豊ラーメン。


20061004133105.jpg



久し振りに美味い豚骨ラーメン食べた。匂いがキツく、コクがありダメな人はダメかもしれんが拙は大好きな味だ。


さらにご当地ものが続く。

20061004133347.jpg



20061004133442.jpg



3m.jpg



求菩提漬けにかば田の明太子。最初は酢橘のジン・ソーダでその後は焼酎。九州で酒といえば焼酎だ。そして東京で入手困難でウン万もする酒も地元ではご覧の通りだ。



長崎県の離島高島で衝撃かつ究極の食事に出会う事となる。



漁師バーベキューだ。


20061004134859.jpg


カマス。

20061004135128.jpg


色々。

そのバーベキューの中でも美味しかったのが、、、

20061004135324.jpg



この写真を見た板前さん曰く、鮑で周りに黒い縞があるのは取れたて新鮮な証拠。肉厚なのも輸送で細ってない証拠だと。これはホント取れたてだから食べれる超~贅沢な一品だよと。
そんな贅沢一品を漁師の方々は食べ飽きてるのか、「ほら、東京の人じゃんじゃんべなさい。無くなったら潜って獲ってくるから。東京じゃ高いんだろ?」と。
そう舌鼓を打っていると、豪快にドでかい魚がドンと置かれた。


20061004140134.jpg


”こうくろう”と呼ばれる黒鯛の一種だ。こいつが無茶苦茶旨い!白身の魚なんだけど、身が鳥のササミのようにギュッと締まっていて、噛めば噛むほど味がでる。


20061004140520.jpg



今回の日本縦断して海の幸についての拙的な結論。
ウニ、貝、カニは北海道。泳いでる魚は長崎。寒い地方に行くと脂が乗って旨いには旨いのだが、拙は肉の旨みが感じれる身がギュっと締まった長崎の魚が好きだな。


何処に行っても地元の人が友人で居るという事ほど心強いものはない。
皆、美味しいものは好きだから、一つくらいは教えてくれる。

拙の旅の目的が人に会いに行くという事の意味あいとして、美味しいところに連れてってもらうというのも多分にある。


ご馳走さまでした!



スポンサーサイト
06'日本縦断RUN


0 Comments

日本縦断RUN後記~食べ物/北海道編~

旅に欠かせないのがやはり、ご当地の食べ物。拙の旅はそこに住む人に会いに行くのがありきな事が多い。だからよりレアで美味しいものに出会える可能性が高い。

時系列的に今回の美味をご紹介!


まずは行きのフェリーでのサッポロ・クラッシクのドラフト。


20061003050842.jpg



このビールは頑なにサッポロが北海道限定でしか販売しないビール。たま~に関東で期間限定で売ってたりするけどね。大洗~苫小牧のフェリーはハーフみたいだけどサッポロ的にアリと判断されたのだろう。

続いて夕張。夕張といえばメロン。


20061003051422.jpg



これで、¥300- ちょっと時期がずれてたから想像以上の感動はなかったかな。
NISHI家に着いていきなり感動のトウキビ(北海道の人はトウモロコシとは言わずトウキビと言う)


20061003052242.jpg


NISHI家自家製で無農薬、もぎたて即茹でホント旨い!来年は送ってもらおうと思う。



サロマ湖のホタテ。

20061003052824.jpg


サロマ湖は養殖ものだけど、生きてる状態からその場で食べるのは旨い!通り過ぎてしまったけど常呂町とかは天然モノなんだけどね。


興部アイス。

20061003053409.jpg


口の中でとろける旨さは中学校の修学旅行で行った小岩井農場のソフトクリーム以来の感動だ。


登別のサラブレット牧場の3代目Mさんに2日連荘で連れて行ってもらった地元お勧めの晩御飯。


20061003055231.jpg



20061003055418.jpg



初めて食べたスープカレー。観光向けのお店じゃなくて、地元に支持されてるお店だから美味しかった。
次の日海鮮丼。北寄貝は動いてた。ただフェリーに乗るために、100kmほど走らなきゃいけなくて、出発前独特のそわそわした感じ&お酒を飲めなかったので、ゆっくり堪能できなかったのが残念だった。



まずは北海道編終了。


06'日本縦断RUN


0 Comments

日本縦断RUN後記~道・風景・西日本編~

舞鶴→福岡
本州に再上陸して山陰を走る国道9号線をひたすら南下する。

20061001234006.jpg



道中鳥取砂丘などあったが、ちょっと地方の道という印象は拭えない。
地図上では海沿いを走ってるように見えるが殆ど、山の中というのも残念だ。
ホントは写真を撮りたかったが、九州に入る時の関門海峡は凄く綺麗だった。今回のベストオブ夜景なのだが、疲労がピークの為スルーしてしまった。


福岡→長崎
ここはほとんど高速を使った為に、あまりよく特徴は分からなかったが佐賀県は山が多く風が強いという印象。
長崎は違った意味で異国情緒を感じる道だった。
長崎は佐世保に着いてMAくんやYOSHIくんは2尻で、後ろに乗ったYOSHIくんが写メ撮りまくってくれたので、一人では無理な走行写真を沢山撮ってくれた。

20061001234808.jpg



20061001234858.jpg



そして本土最西端。最北端の宗谷岬の賑わいを見た後では、あまりに寂しすぎた。


20061001235540.jpg


モニュメントも絶壁にあり記念撮影が撮れる感じではあまりない。

20061001235719.jpg


だけど海は凄く綺麗だ。

20061001235814.jpg


20061001235851.jpg



YOSHIくんのご親戚の方が離れ島の高島というところにいらして、ここの夕日がサロマ湖に負けず劣らず素晴らしい。

20061002000731.jpg



20061002000816.jpg



20061002000856.jpg




全ての道はローマに通ずじゃないけど、日本で殆どは道を進めば辿り着けない場所はないっていう事だ。
そして、どこに居ようと同じ太陽を見ている。


次回は~食べ物編~





06'日本縦断RUN


0 Comments

日本縦断RUN後記~道・風景・北海道編~

単車に乗っていると路面のギャップ、アスファルトのタイプまでダイレクトに伝わる。特に松風号はリジット(簡単に言うとサス無しね)だから良く分かる。それこそスンゲーいい景色でも凸凹じゃあ台無しだ。
そんな約2500kmの旅の中で風景など含めた道云々と時系列的に振り返ってみる。

東京→大洗(国道6号)はスルーしよう。

苫小牧→網走

日勝


初めて北海道を走るにあたり、信号の無さにかなりビビる。1時間信号がないなんて当然だ。もちろんガソリン・スタンドもないという危険を伴うが。平地が多いイメージだが日勝峠など靄も出て気温も13℃でかなりワインティングでキツイ。

日2


同行者NISHI(網走まで)の意向で最短距離を選んだ結果なのだが。


網走→稚内
ずっとオホーツク海沿いを走る国道なのだが、調子に乗って走ってると国道と国道の交差点があり、直進すると別の国道になるというトラップがあるから注意だ。

道間違い1


拙は気付かず気持ち良く飛ばして20km通りすぎてしまった。
海沿いに出る前に飛び込んでくる景色がサロマ湖だ。

サロマ湖1



夕日は絶景だがキャンプ張るのはお勧めできない。


サロマ湖夕日


蚊が凄いのだ。バイクを停めた瞬間に20~30匹が一気に群がってくる。しかもかなり毒性が強く刺された所は腫れて固くなり痒いというより痛い。ジーンズ越しに刺してくるから性質が悪い。

日差しは強く逆パンダ日焼けにされたのはサロマ湖から稚内にかけてのRUNだ。そしてオホーツクの風も強い。だから風力発電なんかもあるんだろう。猿払原野なんかも走っていて気持ち良い。宗谷岬まであと○○kmというのも鼓舞されて良い感じだ。

猿払1



猿払2





宗谷岬。

saihoku



それなりに感動する。ここまで来たかと。あらゆるフェリーが道南に到着する為宗谷岬までは、500kmは走る勘定で宗谷岬がプランニング的に中間点に設定される事も多分にあるだろう。
そして、1Lでもいいから給油しよう。嫌な顔せずに証明書を発行してくれる。

20060929055720.jpg



20060929055830.jpg




稚内→登別
ここは今回最大の感動を覚えた道で、稚内から直ぐのサロベツ原野。ここは日本じゃない!と最も感動を覚えた道だ。バイクで北海道に行ったからには必ず走って欲しい。できればオホーツクの方から走ったほうがいいだろう。オホーツク側もいいのだが、サロベツ原野(日本海側)には負けてしまいどうしても比べてしまう。好物は最後にの精神で、苫小牧からスタートするなら左周りをお勧めする。


20060929055959.jpg



ありのままの原野。人工的なアスファルトとのコントラストが綺麗だ。

20060929060247.jpg



20060929060054.jpg




登別→苫小牧
ここは夜走ったので最初はよく分からんかったが、海がすぐそこで水しぶきで気付いた。
限りなく直線で昼間に走ってみたかった。


と、まあ感動だらけの北海道。 途中から地平線も真っ直ぐな道も見飽きて麻痺してしまうのが贅沢だ。


次回後記は~道・風景・西日本編~





06'日本縦断RUN


0 Comments

日本縦断RUN後記~松風編~


疾走



今回のRUNでは出発当日にタンクが付くというドタバタのスタートとなった。
普段からよくぶっ壊れる事で有名な松風号。今回も何かしら壊れるのでは?と期待されてた方々には申し訳ないですが、いたって快調で約2,500kmをノン・トラブルで走破した。
快調だった要因として秋になり気温が落ちて25℃を超す日がなかった事だろう。


満載



人を後ろに乗せても楽勝で走るわけだから、きっちりパッキングしていればこれくらいの荷物はどうって事はない。長崎で上着が吹っ飛んだが。今回のRUNで90km以上の巡航をしなければ振動によるトラブルがないという事も大きな収穫だ。



雨対策



今回雨にやられたのは台風とか色々あったが、雨はフェリーでやり過ごすという幸運に恵まれ実質半日だけだった。雨対策としてキャブ、フェンダー、オイル・クーラーを全てガムテープで処理。ガムテ使わせたら拙の右に出る輩はいないんじゃない?ってくらい絶妙なセッティングだ。
キャブにガムテは雨の進入対策。オイル・クーラーはオーバークール対策だ。



200609251203492.jpg



拙がよくいうRATとは乱暴に簡潔に言うとバイクを綺麗にしない。
旅の思い出のアイテムを愛馬に付けていき、汚れですら走った歴史とするって事だ。
RATは欲しいって思わせるスタイルではなく、こうなりたいって思わせるスタイルだと思う。




V2



とにもかくにも良く走ってくれたよ。
1年かけてやっと仕上がったのかな。

問題点はまだまだ盛り沢山抱えてるけど、カスタムしたHarleyで完璧な状態ってないんじゃない?


次回の後記は~道・風景編~




06'日本縦断RUN


0 Comments

到着~

200609270948534
200609270948532
20060927094853


総走行距離2465km

無事到着しました。

後記は後程。

06'日本縦断RUN


0 Comments

間もなく有明に到着

200609270742222
20060927074222


長い旅の終焉です。

晴れ男が帰って来たからには、効果的に3日くらいは晴れるはず。

06'日本縦断RUN


0 Comments

嵐だ。

おそらく今静岡の沖あたりだろう。
ずっと雨が叩きつける音、風切り音、時に稲妻。ローリングしっぱなし。
部屋は舳先で特に上下の揺れが酷いから、船尾に近い談話室で寝てる。

06'日本縦断RUN


0 Comments

風呂

200609261328554
200609261328552
20060926132855


乗客が少ないから、風呂は常に貸し切り状態だ。時化ると入浴禁止だから早めに入っておく。
狭いけど太平洋を眺めながらもオツなもんだ。

06'日本縦断RUN


2 Comments

船長さんに聞いたら…

20060926114303


昨夜よりもっと揺れるよと。今静かなのは紀伊水道を抜けたからだと。
うひゃ~! M隊長ガブり対策は何かないっすかね?

06'日本縦断RUN


2 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。